会社案内

運輸安全マネジメントの取り組みについて

2017年4月1日
株式会社 ヒカリ総合交通
合資会社  久慈タクシー

【わが社の事故防止のための安全方針】
旅客の生命を預かる旅客自動車運送事業事業において、「安全」の確保は事業活動の根幹と位置づけております。

【社内への周知の方法】
わが社は、「『安全・親切・迅速』をモットーに、お客様に常に喜ばれるサービスを提供する」ことを基本理念とし、社内の複数箇所に掲示し、一斉点呼の際や新たに社員が入社した時点では、この基本理念とともに「安全方針」の確認を行っております。

【安全基本方針】
安全は全てに優先する
1. 関係法令及び社内規定を遵守し、安全の確保と安全性の向上に努める。
2. 安全を確保するため、安全管理体制を構築し、社員一丸となって、事故防止に努める。

【目標達成のための計画】
「無事故」を目指して、2002年4月に『乗務指導班長制度』を設けるなど、事故の撲滅に向け全社を挙げて取り組んでいます。
※『事故防止班長制度』とは、ドライバーを日勤者・夜勤者・交番者・バス乗務員の4班に分け事故防止に対して、年間を通して各種の取り組みを行う制度です。その一例として、

1. 年2回(3ヶ月間×2回)の班対抗無事故コンテスト

2. 無事故班ミーティング

3. 事故惹起者特別ミーティング等を実施しています。

4. 年4回の定期教育ミーティング(4月・7月・10月・1月  予定)

また、社会的な問題となっている飲酒運転に対しては、2004年より、業務用のアルコールチェッカーを使用した点呼時の飲酒チェックを日々励行しております。

【わが社における安全に関する情報交換方法】
上記の『乗務指導班長制度』における班長会議を年2回実施して、社長自ら参加の上、直接意見交換を行うことで、各種課題の洗い出し及びその対応策の立案を行っております。

【わが社の安全に関する反省事項及び改善方法】
2014年度において自動車事故報告規則第2条に定める事故件数は、0件です。
(保有台数  一般乗用車27台、一般貸切車(乗合併用を含む)22台 ドライバー数55名)
但し、自損事故など報告規則に該当しない軽微な事故(自損事故等)は,6件(タクシー)発生していることから、上記の乗務指導班長制度内において、その撲滅に向け、引き続き、取り組み内容を見直していきます。

※)上記の内容は本社営業所において誰でも閲覧できるように備え置くものとする。



前のページに戻る